その痛み腰痛かも|腰椎椎間板ヘルニアにならない為に

Doctors

重要な役割

Girl

最近はがんの治療現場に、免疫治療が持ち込まれています。現在の治療よりもかなり副作用が少ないので、免疫治療は人気があるものとなっています。免疫治療は、人間に備わっている免疫力を高めることで、がん細胞を除去してくれる治療なのです。

Read More...

病院を利用しよう

Hospital

都筑区で風邪などの軽度の病気を治してくれる病院を探しているのなら、まず内科に行くといいです。外科もあるのですが、基本的に外科は手術が必要な時に利用するので注意しておきましょう。内科はメスを使わないところであり、軽度の病気や怪我をした時に利用する病院となります。

Read More...

下肢の筋力低下のチェック

Hospital

筋力低下が特徴です

腰痛というのは、基本的には症状を現わしているだけで、腰痛の原因となる疾患ではありません。そのため、腰痛がどのような疾患によって起こっているのかを、知ることが大切になるのです。その点において、腰椎椎間板ヘルニアは、一般的な腰痛とは異なる特徴があります。腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛だけではなくて、下肢の神経症状が生じます。腰椎椎間板ヘルニアによる下肢の神経症状は、痛みとシビレと筋力低下を起こすことが特徴です。なかでも問題になり易いのが、下肢の筋力低下になります。下肢の筋肉のほとんどは、腰椎から分岐した神経によって、その運動を支配されています。そのため、腰椎椎間板ヘルニアによって、神経が圧迫されると、下肢の筋力低下が起こり易いのです。

小まめなチェック

また、下肢の筋肉の運動を支配は、それぞれの筋肉によって、特定の神経が存在しています。そのため、筋力低下を起こしている筋肉が分かれば、ヘルニアが生じている場所も、特定出来るのです。例えば、腰椎の5番でヘルニアが起こると、母趾の背屈力が低下します。反対に、母趾の底屈力が低下していると、仙骨の1番でヘルニアが起こっていることになるのです。このように、下肢の筋力低下が問題になる理由は、手術療法を行う必要性が生じるためです。腰椎椎間板ヘルニアによる下肢の筋力低下は、一定以上進むと、不可逆的になる可能性があります。すなわち、手術を行ったとしても、筋力低下が改善しないことがあるのです。したがって、腰椎椎間板ヘルニアによる下肢の筋力低下は、小まめなチェックをすると安心出来ます。

名医を探しているのなら

Man

信頼できる病院、名医のいる病院を探すにあたっては、口コミサイトを活用するといいでしょう。インターネット社会に突入し、スマートホンの普及もあってますます身近になっている口コミサイトは、情報収集には欠かす事ができないサイトなのです。

Read More...